歯科とは、歯や口腔内の疾患の治療や予防をおこなう診療科である。
歯医者は、ほかの医師とは免許が違うため一般的な診察や診療をおこなったり、一般の医者が歯に関する治療を行うことはできない。

歯医者には、くつかの専門科がある。
一般的な歯医者では、虫歯や歯周病を治療・予防を行う。
歯列矯正などの治療を主流に行うのが、矯正歯科である。

そして、最近では、見た目の美しさを追求する審美歯科も増えている。
審美歯科では、ホワイトニング、クリーニング、インプラントなどの治療を受けられる。
一般の歯医者でも行われている治療でも、審美歯科でより専門性の高い治療を受ける事が可能となった。

●矯正歯科

矯正歯科とは、がたがたになっている歯ならびや、八重歯、出っ歯、受け口などをまっすぐにしたり、噛みあわせをよくしたりするところである。
もっとも症例数が多く、歴史が古いものがワイヤーを用いたワイヤー矯正でおこなわれる。
ワイヤー矯正とは、金属のブラケットとよばれるものを歯の表面に装着して、そこにワイヤーをとおして少しずつ歯並びを変えていくものである。
大人の場合には50万円から100万円以上かかるが、子供は30万円ほどでできることが多い。

最近では、インプラントを利用したインプラント矯正が話題となっている。
インプラント矯正は、矯正期間が短縮出来る、治療効果が高いといった利点があるのだ。
インプラントによる治療は、審美歯科で受ける事ができる。

●一般歯科

歯科のなかでもっとも多いものが、虫歯や歯周病を治療する一般歯科である。

虫歯や歯周病は、ほとんど初期症状がないために、気づいていたときにはすでにかなり進行しているということもよくある。そのため、日頃から予防をすることが大切で、定期健診を行うことも大切な仕事のひとつである。
とくに歯周病は日本人の歯を失う原因の第一位であり、現代の日本人の大人のおよそ8割が罹患しているといわれている。感染症であるためにキスなどで移る。

OUT LINK

カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ